バンクイックと楽天銀行スーパーローンの比較

銀行のカードローンの中で人気となっているのはメガバンクの三菱東京UFJ銀行が提供するバンクイックとネット銀行の楽天銀行が提供する楽天銀行スーパーローンです。この2つのカードローンは利用者が多く今後も増え続けていきそうな勢いです。そこでバンクイックと楽天銀行スーパーローンを比較してみる事にしましょう。

金利は上限金利が適用される事が多いので上限金利を見てみるとバンクイックが14.6%で楽天銀行スーパーローンが14.5%となっています。バンクイックが0.1%高い設定になっていますが、返済総額はあまり変わらないので金利を重視する時は好きな方を選んで利用して問題ないでしょう。

融資スピードに関してはバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が可能になっています。また楽天銀行スーパーローンは審査に時間がかかる事があるので融資を受けられるまで2~3日かかってしまう事が多いです。そのため融資スピードを重視する時はバンクイックをおすすめします。

申し込み方法はバンクイックの方は店舗やテレビ窓口になりますが、楽天銀行スーパーローンは店舗や契約機が設置されていないのでホームページからWeb完結で申し込む事になります。そのため申し込みに手間をかけたくない時はホームページからWeb完結で申し込む事が出来る楽天銀行スーパーローンをおすすめします。

バンクイックに申し込みができる人について

三菱東京UFJ銀行が取り扱いを行っているカードローンには幾つかの書類がありますが、その中でも多くの人が便利に契約ができ、申込方法も比較的手軽で審査時間も素早いことで高い人気を誇っているのが、バンクイックというカードローンになります。バンクイックのカードローンはメガバンクのカードローンということで審査条件などが厳しそうなイメージが有りますが、具体的にはどのような人がバンクイックに申し込みができるのでしょうか。

バンクイックは、原則として毎月安定した収入があり、満20歳以上65歳未満で国内に住居していること。そして保証会社であるアコムの保証を受けることができる人、とされています。

バンクイックの大きな特徴としては、安定した収入があれば学生でも申し込みができるということ、さらに本人に安定した収入がない専業主婦であっても配偶者に安定しや収入があれば申込可能となっている点にあります。

総量規制が制定されてからは消費者金融系のカードローンでは専業主婦の申し込みは不可となりましたが、バンクイックならば総量規制対象外なので専業主婦でも申し込みができるのです。